FC2ブログ
MMデンタルクリニック スタッフ日誌
みなとみらいにあるMMデンタルクリニックのスタッフの、日々のつぶやき
歯周病の治療
かじがやさんの続きです。

歯周ポケットの数値が深い、歯茎に炎症のある方はさらにSRPという
治療を進める必要があります。

SRPでは細長い専門の器具を使い、歯根の部分に
隠れて付着している歯垢や歯石を取り除きます。
処置は歯茎の中に器具をいれて行うものなので深い歯周ポケット
では麻酔をさせていただきます。

SRPをする事によって歯周ポケットの深くまで清潔にする
事ができ、歯の根の表面をツルツルにできるので、トラブルの
原因を除去する効果的な処置になります。
歯周病症状チェック
歯周病が怖い所は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状がでたときにはすでに歯周病がかなり進んでしまってることが多いことですなので、定期的に歯周ポケットの検査などの検診に来て頂くのがとっても重要です
以下の中で1つでも当てはまる症状がある方は、歯周病の疑いがありますので、早めに歯科医院で診てもらうのをオススメします
?歯磨きなどで歯ぐき(歯肉)から出血する
?口臭がするようになった
?口の中がネバネバする
?歯ぐき(歯肉)が腫れている
?歯ぐき(歯肉)が赤・紫色になった
?歯ぐきなぢから膿がでる
?硬いものを噛むと痛い
?歯がグラグラする
?歯ぐきが下がって歯が長くなった(出っ歯になった)
?歯と歯のすき間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
?歯ぐき(歯肉)がムズ痒い
歯周病菌
プラーク(歯垢)は細菌の塊です。
特に酸素の少ない歯周ポケットの中で毒素を出し、歯周組織に炎症を引き起こします。
位相差顕微鏡というもので見ると、彼らはこんな感じ

20100917.jpg

棒状・球状の菌類、桿菌が認められます。

名前はポルフィロモナスジンジバリス(Porphyromonas gingivalis)、プレボテーラ・ インターメディア(Prevotella intermedia)、アクチノバシラス・アクチノマイセテムコミタンス(Actinobacillus actinomycetemcomitans)など。

・・・こういった歯周病菌を、口腔内にキープしておく必要はありません。
クリニックにおけるプロフェッショナルケアとご自宅でのホームケアを組み合わせて、退治してください
歯周病は全身的な成人病の進行を助長し、早産のリスクを高めると言われています。




こんにちはかじがやです。今日は、

歯周病治療の流れについてお話したいとおもいますまずはじめに、

?歯周ポケットの検査 1  (深さ 出血 動揺)
?歯石除去          (歯ぐきの上部分の歯石を除去)
?歯周ポケットの検査 2  (炎症が引いているか ポケット改善されているか)
?歯石除去          (歯ぐきの下部分の歯石を除去)プラークや強い毒素を持つバイオフィルムの破壊
?歯周ポケットの検査 3 
?歯周外科
 このように段階を踏んで治療を行っていくため回数が何回かかかってしまいます。

検査の数値がよく、炎症のない健康な歯ぐきの方は?までの治療になります

定期的に歯周ポケットを測定することで、歯周病になっても初期のうちに処置を行うことができます
歯周病は、自覚症状がないことが多いので、最近検診していないと思う方は、一度検診にいらっしゃってみて下さい



おすすめ歯科グッツ
こんにちは
今月は衛生士のミンナが歯周病について細かく説明してくれていますね
私も歯科医院で勤めるようになり、歯周病の現実を知りました。
私も予防として、3カ月に1回はクリーニングしてもらっています
とあるモデルさんは、1カ月に1回は歯医者に行ってると聞きました
さすが、モデルさんだな?と感心してしまいました

歯のケア用品として最近、ポケットドルツと言う小さい電動ブラシを購入しました
雑誌などで見ていてほしくて探していたのですが、売り切れでなく8月にようやくGETしたポーチに入る小ささの
電動ブラシです
音も小さく、磨くとツルツルになってとても気持ちいいです
カバンに入れて持ち歩いているので、お昼後に使っています
電機屋さんで売っているので、気になる方はどうぞお近くの電機屋で見て下さい
ちなみに、夜はMMデンタルでオススメしているシステマ44Hでしっかり磨いています
歯と歯の細かいところまで磨くには、毛先の細いシステマが一番磨けている気がします
他にも新しい商品など出ていますので、症状にあったケアグッツを使うのが一番ですね
歯間ブラシなど種類も豊富にご用意していますので、お気軽にご相談ください
歯周病の検査
こんにちは
今日は台風上陸らしいですね
でも、久しぶりに雨が降ったので、なんだか嬉しい感じもしますね
みなさん、強風と雨に気をつけて下さい

今回は、歯周病の検査についてお話します
歯周病の検査として行っているのは、?歯周ポケットの測定
?出血するかどうか ?歯が揺れるか ?歯ぐきの色はどうか などを行っています
その中でも、歯周ポケットについて詳しくお話します
歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの間の溝のことをいいます
健康な歯ぐきでも、歯周ポケットは2?3?あります
これが、炎症を起こして歯周病になると4?以上深くなってきます
定期的に歯周ポケットを測定することで、歯周病になっても初期のうちに処置を行うことができます
歯周病は、自覚症状がないことが多いので、最近検診していないと思う方は、
一度検診にいらっしゃってみて下さい
1-b.jpg
しそうのうろう
みなさん こんにちは

日中は聞こえない秋の足音も朝晩は過ごしやすくなり
少しは聞こえるような気がしますね

昔、歯磨き粉のCMで「歯槽膿漏」予防にという
コピーがありましたが今では「歯周病」予防に変わっています。

本来、歯槽膿漏(しそうのうろう)とは字のごとく、歯周病が悪化して歯槽骨が破壊され出血や膿(うみ)が出る症状の事をいいますが
患者様に「歯周病ですね」とお伝えするより「歯槽膿漏」とお伝えした方がピンとくる患者様もいらっしゃいます。

今月は「歯周病」をテーマにブログを掲載していきますので
ご覧いただき予防や治療のキッカケにしていただければと
思っております




検診
こんにちは
ご自身の歯をキレイに保つには日頃からのブラッシングはもちろんですが、定期的に歯医者で検診を受けることをおすすめします。
歯周病はあまり自覚症状がなく、見た目でも分からないことが多いので大丈夫だと思いがちですが、放っておくといつのまにか歯がグラグラという場合も少なくありません
定期的にレントゲンを撮って、検査をして、お掃除してキレイな歯を保ちましょう
歯周病とは
歯周病とは・・
 歯と歯茎の間に歯垢がたまると、細菌を繁殖させ歯肉炎や歯周病を引き起こします
歯周病が進行すると歯を支えている骨がなくなり
最終的に歯が抜けてしまいます
日本人が歯を失う原因で最も多いのが歯周病と言われています

主な症状として歯茎が腫れている、歯磨きすると血が出るなどありますが、虫歯と違って自分ではなかなか気付きにく
いのも歯周病です

当医院でも歯周病の検査や治療も行っています
自覚症状のない方も、定期的な検診クリーニングをおススメしています