FC2ブログ
MMデンタルクリニック スタッフ日誌
みなとみらいにあるMMデンタルクリニックのスタッフの、日々のつぶやき
2010年から新年へ
 皆さん、こんにちは。MMデンタルクリニック理事長の勝山です。
今日がクリニックでの診療の最終日です。

 2010年はある意味、ターニングポイントの年だったと思います。
まず4月にはGenevaでのITI World Symposium 2010においてアジアで唯一のプログラム委員に任命され、1年以上前からシンポジウムの成功に向けて準備してきました。世界の経済状況は大きく低迷した年でありましたが、3000名以上の参加者が世界中からあり、盛況のうちにスタートすることができました。しかし、シンポジウムの期間中にアイスランドの火山の噴火に遭遇し、ヨーロッパ以外の国からの参加者のほとんどは予定便で帰国できなかったため様々なルートで移動を試みる人、狼狽する人、ゆっくりと構える人等、人間性を露にした経験でした。
 
 また6月にはかつて留学していた、ボストンにおいてクインテッセンスPRDシンポジウムが開催されました。これは、歯科のオリンピックとも呼ばれており、スピーカーは皆、世界で教科書等を書いている方々ばかりで、そこに招待されて講演する事は、多くの歯科医師の夢でもあります。4年に一度の開催ということもありますが、これまでに日本からも数人の演者しか招待を受けていません。今回は2回目の招待を受けましたが、末席のセッションであった1回目とは違い、メインセッションで特に聴衆に人気のあるインプラント審美のセッションで講演する機会を得ました。
これまで17年間にわたり、国内外で講演してきましたが、2000名の会場でネーテイブスピーカーに混じり、アジアから一人そのセッションで講演する事は極度の緊張を強いられました。
演者はスイスからベルン大学、Buser教授、チューリッヒのGrunder先生他、インプラント治療を行なう歯科医師であれば、誰もが知っている先生方とのセッションでした。6名のスピーカーで1日担当し、最後にスピーカー全員でデイスカッションを行い、ある合意点を探るという内容です。
様々な背景で異なる考え方、アプローチはありますが、世界のトップレベルの間には大きな考え方の違いはなく、名人芸の治療から科学的背景に基づく安定した治療成績を追求する方向へと集約しています。

次回もまた、数年後にボストンで開催される予定です。日本から多くの先生方が参加されることを期待します。
 
 年間を通して、執筆に時間の多くを費やした一年でした。ITI treatment guide Vol.5は上顎洞の治療に焦点を絞った成書ですが、来年ベルリンより春に英語版が出版され、その後8カ国語に翻訳される予定です。デンマークのDr.Simon Jensenと共著で仕事をしていますが、非常に優秀な先生で多くの事を得る事ができました。原稿もほぼ終了し、来年の春にはDVD付きの出版が予定されています。
 
 今年を振り返ると、11月にはスイスでの会議、12月には中国、Xiamenでの国際シンポジウムと、仕事の大半が海外中心に動かざるをえませんでした。2011年はより、国内に比重をおき、目の前の患者様に長期的に安定したインプラント治療を提供する事を最優先として従事したいと考えています。また、海外の学会活動から国内学会での活動もより充実させたいと考えています。何より、スタッフまた様々な方々のサポートと尽力により、この多忙なスケジュールにおいても一日も病欠することなく、1年を過ごす事ができました。

 皆さんに感謝いたします。患者様また各方面の皆様のご多幸をお祈りいたします。良いお年をお迎えください。
課題
2010年も終わろうとしています。
あと数日しか診療できないと思うと、気持ちがあせります。

この1年、歯科メーカーは強靭で精密な修復材料を競って開発し、またクリニックには新しい機材がいくつも導入されました。
大袈裟ですが、どれも夢のように素晴らしい技術の結晶です。
触ってみて実感しました。

今一番感服しているのはマイクロスコープに取り付けられた撮影装置です。
シンプルに、静止画も動画もスイッチひとつでメモリーカードに保存されます。
顕微鏡を使うと治療が非常にはかどるのですが、それを患者様にもアピールできます。

Univesra300.jpg

重宝しているのはフルジルコニアの修復物です。
フルジルコニアはセラミックの中でも群を抜いて頑丈なので、正直セットする側のストレスも少ないです。
軽いので装着感が自然だし接着性が高いので歯をしっかり守ってくれるし、本当に頼もしいです。

001-7.jpg

最近国内認可の下りたピエゾサージェリーも素晴らしい器械です。
私は抜歯の時に使うことが多いのですが、周囲の軟組織を傷つけずに骨の切削ができるので、非常に安全です。
回転切削器具に較べると機械音も少々のんびりしている気もします。

PIEZOSURGERY.jpg

これらの最新機器・材料を十分に使いこなせていないのがあせる理由です。
2011年からと言わず、明日からもっと積極的に活用したいと思います。







こんにちは
かなり寒くなり、冬本番ですね
最近、私は神奈川のイルミネーション巡りに行ってきました
宮ヶ瀬ダムと相模湖プレジャーフォレストに行ってきました
宮ヶ瀬ダムでは偶然花火も見ることができました
どちらもとってもキレイなのでオススメです
でも、とっても寒いので防寒はしっかりとしてくださいね

今年の始めに、今年はマイクロを頑張ることを宣言していたのですが、
なかなか練習できずに今年が終わってしまいそうです・・・
最近は、水津さんも紹介していた新しく「エアフロー」も導入されたので、
来年こそは、新しい物に積極的に取り組もうと思います

来年の目標
今日は天気予報で暖かいと言ってましたけど朝の通勤時

など寒かったですよね、昼間は暖かかったんでしょうか
???

私事ですが私は明日から産休に入らせていただきます。

先生やスタッフの皆様、お世話になりました

みなさんのおかげで楽しい妊婦生活を送ることができました。

来年は母親になるということで新しい物の見方ができるように
 
なりたいです。

一足早いですが皆様良いお年を
来年がもっと良い年になりますように

こんにちは梶谷です
先月にMMのスタッフ数名で韓国旅行に行って来ました
今の季節韓国ではキムチ作りの季節のようで以前旅行した時よりも街全般がキムチの臭いで漂っていました笑。
韓国はとっても寒く、帰国の次の日は氷点下になると言われていました。
今日、日本もかなり肌寒くなりましたね今日は地元では6℃でしたダウンでも寒いですね・・・。
話はかわりますが、MMデンタルクリニックでは今妊婦さんが居ます
 20日で産休に入ってしまうので寂しくなります・・・残り少ないMMでの思い出作りたくさんしたいですっ

今年も残りわずかになりましたが、来年もみなさまどうぞ宜しくお願い致します
今年1年について
今年は、セミナーに行く機会が多かったです

最近では、先月東京で行われた勝山先生が講師のインプラントのセミナーにも行かせて頂きました

インプラントを模型に埋入する実習・インプラントの種類・歴史も学びました

来年もセミナーに行きいろんな事を学びたいです
2010年
こんにちは。
もう12月も中旬になりますね早いですね。。。
今年はMMでは、検診のお知らせがハガキ以外にメールで送れるようになった年です。
メールって便利ですね。。。

2011年は、今年習い始めた英語をもっと沢山使えるようになりたいです。
さらに精進して勉強したいと思っています。
仕事も、笑顔で皆様に気持ちよく通ってもらえるように頑張ります

それでは又来年も宜しくお願い致します。
デンタルクリニックの年末年始は、2010年12月28日まで診療しています。新年は1月4日からです
良いお年をお迎え下いませ。
2010年
もう2010年も終わりに近づいてきましたね
一年経つのは早いです
今年の四月に新人として働きはじめ、主に先生のアシストを行ってきました

来年は歯科衛生士業務であるSRPやインプラント部の検診などに挑戦したいと思います
衛生士の責任を持って頑張ります
12月
あっとゆう間にもう12月です
クリスマスにお正月と楽しみが盛りだくさんですね
今年はインプラントのメンテナンスを主に担当してきましたが、最近になって、新しくエアーフローという器材を導入しましたこれはアミノ酸の一種であるグリシンのパウダーでバイオフィルムを除去するというものです
まだまだ使い慣れていないので工夫して使い方など研究していこうと思っています
私は今年最後のブログ更新になりますので、みなさんメリークリスマスそしてよいお年を