FC2ブログ
MMデンタルクリニック スタッフ日誌
みなとみらいにあるMMデンタルクリニックのスタッフの、日々のつぶやき
ヨシダ 「マイクロエンド~構造」セミナー
もう2週間以上前になりますが、ヨシダの「マイクロエンド~構造」というセミナーに参加しました。
講師は北原信也先生と橋爪英城先生で、お二人とも大学の先輩にあたります。
特に面識はありませんのでそういったご挨拶はしませんでしたが、非常に充実した講習を受けられて満足です。

内容はマイクロエンドと修復のコンビネーションで、エンドを橋爪先生が、修復を北原先生が担当されました。
私は最近エンドにマイクロを取り入れているので、また、この時は自分の奥歯が歯髄炎になっていて痛いのを我慢していたので、橋爪先生のお話は身に沁みました。
TFファイルというNi-Tiファイルをご紹介いただきましたが、本数少なく(3本以下)湾曲根管を拡大してくれるのは素晴らしいのですが、実習のとき1回の使用でツイストが伸びてしまって破棄しなければならなくなったのが少々残念。
高価な商品なので。
また、やはりMTAをクリニックに導入したいなあと、あらためて思いました。

北原先生の講演は何回か拝聴していますが、さすが審美修復の最前線で活躍されている先生だけあって、理論的かつ実践的で、今まで自分のやり方がまずかったところなどわかってよかったです。
接着は修復の命ですが、各社から新製品が出ているのをアップデートしてくださいました。


歯ぎしり
こんにちは
最近は、雨の降る日も増えて梅雨という感じですね
沖縄はもう梅雨明けしたそうですね
関東地方も早く梅雨が明けるといいですね

1ヶ月前から、テニスを習い始めました
以前、軟式はやっていたのですが、硬式は初挑戦なので、なかなか上手くいかず苦戦中です
ゴルフの石川遼選手がCMでスイングする時に、歯には200㎏もの負荷がかかるといっています
スポーツをする時、力が入ると噛みしめてしまうことが多いです
スポーツ選手は、マウスピースをしたり、歯を強くする為にキシリトールのガムを食べたりしているそうです
私もキシリトールを摂取して、歯を強くしようと思います
選手でなくても、寝ている間に食いしばっている人は50%以上いると言われています
歯が擦り減ってきている気がする方は要注意です
気になる方は、定期健診の時にご相談下さい
こんにちは。
自分のブログ更新日に更新するのをすっかり忘れていました

あっという間に2011年も後半になりますね気付いたら梅雨?夏?といった感じで歳を重ねるごとに、時間が猛スピードで過ぎていきますね・・・毎日を大切に過ごさないといけないなぁと感じる最近です

6月はむし歯予防WEEKがありましたね(6月4日~10日まで)
口腔内を見直す良いきっかけになりますよね
先日北海道の上浦先生に修復物・補綴物(治療した歯・銀歯や被せ物)と抜歯の割合について教えていただきました。
口腔内に修復物や補綴物があった時、天然歯が10年後に抜歯にいたる割合が健全歯に比べ、
銀歯→被せ物→ブリッジ→義歯と割合が高くなっていってました。
他にも、残っている歯の本数が多いほど医療費(歯科以外も含めた)が少ないという調査結果がありました。
改めて、自分の歯の大切さに気付きました
自分の歯を今から守るためにセルフケアと定期的な検診は本当に大切だと思いました。
明後日は総会
6月11日土曜日は先生たちが集まる総会に出席させていただくことになりました
初めてなのでドキドキです
少しでもインプラントへの知識が増えるように勉強させていただきます

しかし不安な事が1つ!


今年すごく太り、久しぶりにスーツを着るので着れるかが心配です
セミナー
6月5日にユニットのセミナーを受講しました

とても綺麗な会場で良い環境でした

ユニットのメンテナンスは、患者様が安心して受診していただくためにもとても大切です

今回のセミナーで学んだ事を今後に活かしたいと思います
こんにちは
今日は梅雨の晴れ間で、とってもいい天気になりましたね洗濯物もよく乾きそうです
私はこの時期になると夏に向けてホワイトニングをしたくなります医院でやるビヨンドシステムもマウスピースをつけるホームホワイトニングも何回かやったので、今ではホームホワイトニングを2日やるだけで満足する白さになります定期健診でのクリーニングと同じようにホワイトニングも定期的にするとキレイな歯が保たれます初めての方も以前にやったことがある方も興味のある方はスタッフに声をかけてくださいね
ITIエステティックGBRコース
明日も梅雨らしく雨のようですね~

先日29日に勝山先生講師によるITIエステティックGBRコースのセミナーが開催されました。

このセミナーは実習も行う歯科医師の先生方向けのセミナーです。

エステティックとは審美領域のことで、もっとわかりやすく言いますと前歯で笑った時に見える歯全部分となります。

GBR(Guided Bone Regeneration)とは、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚みや幅がない場合に行う治療法です。

歯が抜けたまま放置すると個人差はありますが歯茎の下にある歯槽骨という歯を支える役目の骨が減っていきます。歯槽骨は誰もが年齢とともに徐々に減っていくものなのでインプラント埋入に際して大なり小なり一緒に行う確率の高い治療法のひとつです。

ゲリケートかつ非常に難しい部分へのインプラント埋入とGBRを習得されるため今回も先生方には全国からお越しいただき遠く北海道から参加下さった先生もいらっしゃいました。

先生方が日々の診療でお忙しい中、インプラント治療スキルアップのため今回のように種々のセミナーを受講され患者様に適切な治療を提供なさることに努力されるのは医療人として当たり前のこととはいえ素晴らしいことだと思います。