FC2ブログ
MMデンタルクリニック スタッフ日誌
みなとみらいにあるMMデンタルクリニックのスタッフの、日々のつぶやき
いい天気!
梅雨が明けたみたいにいいお天気ですねでも昼間と朝晩の温度差にやられ、風邪気味です電車にも何人かマスクをつけた人を見かけました長引かないように手洗い・うがいがんばってます今年の夏は例年より暑くなるそうです暑いのも嫌ですが梅雨も早く明けないかなぁ
メタルフリーへ
4月に導入したセレックシステムのおかげで、質の良いセラミックの修復物を今までより早く作ることができるようになりました。形成した翌日に装着できるので、ご出張やご旅行、大切な行事の前の忙しい時期にも計画的に治療をすませることができます。患者様のニーズもセラミックに傾いていて、「前から金属を白いものに変えたかった」という声をよく聞かせていただいています。

セラミックは審美的なだけでなく、「安全」な材料です。歯と全身の関わりを考えると、金属修復による金属アレルギーの問題を無視することはできないからです。日本メタルフリー学会によると、

 歯科領域では金属を用いた歯科材料が必須とされ、口腔内には数多くの金属で上部構造が修復されているのが一般的といえます。 特に最近になり、私達が日常臨床においても金属アレルギーに悩む患者さんに遭遇する機会が多くなってまいりました。


金属イオンが遊離し、アレルゲンとして全身に作用し、種々の病態をひき起こすことが明らかにされております。現代人の日常生活は、大気汚染や食物から摂取する添加物などに蝕まれ、いつしか免疫機能が著しく低下していると言われております。 つまり、現代人の体質は極度に弱体化が始まりつつあるといえます。 そのため、個体差はあるものの微量のアレルギー因子によって、過剰反応が生じるであろうことは容易に理解できるところであります。


ちょっと難しい書き方ですが、どうも金属アレルギーが増えているということですね。

金属アレルギーは遅延型と呼ばれ、金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があるそうです。これをふまえてお口の中を拝見する時はメタルの劣化をチェックし、新しい修復に際してはアレルギーの心配のないセラミックやレジンをお勧めするようにしています。

金属アレルギーの症状としては「手足のかぶれ・シミ、シワ、肌荒れ、老化・痛み(ガルバニ電流)肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒、重金属毒)・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調・物忘れ・アトピー様症状・発がん等が挙げられます。」(金属アレルギー学会より)
スタディクラブ
ITI日本とオーストラリアの教育監事

6月12日(Tue)にITIオーストラリアセクションの
教育監事Lisa Heitz-Mayfield教授による特別講演を

「インプラント周囲炎とメンテナンス」について
ITIスタディクラブ合同ミーティングの一環として開催いたしました。

理事長の勝山英明先生と院長の北條正秋先生がそれぞれディレクターを務めるITI主催の地域別スタディクラブは年に4回インプラント歯学について治療に携わる歯科医師・衛生士・技工士の方々を対象に勉強会を行っています
063.jpg

通常は休診日の多い木曜日の夜に開催するところ今回は急遽決定したため火曜日に開催したにも関わらず60名近い勉強熱心な方々にご参加いただき大変有益な勉強会となりました。

参加者記念撮影

ご参加された皆様お忙しい中、遅くまでお疲れ様でした
夏に向けて
こんにちは
 
今日は午後はムシムシしそうですね
 
夏に向けてホワイトニングしようかな~と

検討中です。

やっぱり白い歯でにこって笑うのっていいですよね

以前の価格よりお手頃になってますので

みなさんもいかがですか?
体調
こんにちは
最近真夏のように暑かったり、雨ふってすごく寒かったり気温の変化が激しいですね
皆さん体調崩さないようにして下さい

私は気温の変化のせいかまた左下の親知らずがうずき出しました
とうとう抜かなければいけないかも・・・
完全水平埋伏で神経に近いから怖いですよね

でもいい機会なので前向きに検討中です
開港祭
今日は、横浜開港祭の花火大会がありますね
みなみとらいで行われますので帰りに見て帰る予定です

皆さんにお配りしているパンフレットの種類が増えました
むし歯予防と食生活/妊婦さんと歯周病/子どもの歯周病/入れ歯など色々ございます
気になる方は、お気軽にユタッフにお尋ね下さい