FC2ブログ
MMデンタルクリニック スタッフ日誌
みなとみらいにあるMMデンタルクリニックのスタッフの、日々のつぶやき
高齢化社会とインプラント
 インプラント治療を専門にしているMMデンタルクリニック 
CIDインプラントセンター理事長、勝山です。

インプラント治療経験20年以上ですが、歯科治療も大きく変遷を遂げてきました。一方、社会も大きく変化しています。特に日本全体の高齢化が叫ばれていますが20年前頃に治療させて頂いた患者様もそれぞれお年を召してきています。

幸いにも多くの治療させて頂いた患者様を現在もメンテナンス等で拝見できるのは臨床医にとって非常に幸せなことであり、重要な勉強でもあります。

まず、感じるのはインプラントは予想以上に長持ちします。しかし、インプラント本体は長持ちしますが、インプラントの上の歯、すなわち上部構造はそれなりに痛んできます。特に噛み合わせの不調和のあるケースは大きく壊れるケースが多いと言えます。

また、材料も大きく変わってきました。従来は金属のフレームをベースにしてセラミックを表面に焼成した構造、いわゆるメタルボンドが一般的でしたが、現在ではコンピュータでデザインし、コンピュータでミリングするいわゆるCAD/CAMが一般的になってきました。いまだ、上部構造のマテリアルはさらなる発展が必要と思います。

 患者様の高齢化に伴い、メンテナンスは段々と難しくなってきます。
患者様自体もプラークコントロールは難しくなってきますし、クリニックへの来院自体が難しくなってくる場合もあります。患者様とのコミュニュケーション自体が難しくなるケースもあります。そういった様々な状況を考えると、インプラント治療はこれまでよりも長いスパンを想定して治療方法およびプランを検討することが不可欠になります。

これは担当した臨床医のみでなく、多くのインプラントを手がける先生が後で治療しやすい設計および構造にすることも必要でしょう。

さらには、世界的に普及していて、長期にわたって安定した企業のインプラントを選択することも肝要です。これから、超高齢化社会における歯科医療およびインプラント治療の需要はより大きくなるものと思います。これまで体験したことのない別次元へ医療業界は対応していかねばなりません。ここの臨床医レベルではなく、学会レベルでの方向性の確立が当然必要となってきます。

より長くいきるからこそ、口腔の健康は重要となってきます。我々も力を合わせて社会に貢献できるように進んでいきたいと思います。 

勝山 英明