FC2ブログ
MMデンタルクリニック スタッフ日誌
みなとみらいにあるMMデンタルクリニックのスタッフの、日々のつぶやき
インプラント国際シンポジウム
皆さん こんにちは いよいよ今日から新年度ですね。どなたも多忙な時期かと思います。

今年、2010年は世界的にシンポジウムの当たり年です。あっと言う間に一年が終わりそうな気配です。例えば、今月にはスイス、ジュネーブで
国際シンポジウムITI World Symposium 2010: http://www.iti.org/worldsymposium2010/が開催され、私と院長の北條先生が共に講演させて頂きます。このシンポジウムは2年から3年に1回のスパンで開催され、前回はニューヨークでした。
今回はこの経済状況の中、
全世界から3,000名を越える先生方が既に登録しており、歯科、特にインプラント分野では最大規模の学術的大会となるでしょう。また、最近ではアジア、特に中国からの参加者は急激に増えており、前回のニューヨークへの参加者の3倍位以上とのことです。しかし、日本からは150名以上の先生が参加されるとのこと、混沌としたインプラントの現状の中、学術としてインプラント歯学を捉え、世界レベルでの知見と情報を入手しようという先生方が多いことは非常に喜ばしいことです。

北條先生は世界の高名な先生方に混じり、噛み合わせが崩壊した患者様に対して噛み合わせの再建を行なうためのME機器とX-線のコンビネーションによるコンセプトについて講演します(http://www.iti.org/worldsymposium2010/?a=1&t=0&y=3001&r=0&n=119&i=0&c=20&v=page&o=page-east-100&s=)。

このコンセプトはこれまで、治療ゴールの定まりにくい多くの歯を失ったり、大幅に噛み合わせのずれている患者様に対して大きな福音を与えるものと思います。私自身は名誉なことにインプラント手術のセッションのチェアマンを拝命し、自分自身でも講演します。

次回はまた、この記念すべきシンポジウムの結果をご報告したいと思います。楽しみにしてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する